C型肝炎は症状がなく 感染源として輸血が多いといわれている。

FrontPage

C型肝炎とはどんな病気か

症状

  • は症状が出ない無症状''の病気です。
    • なぜなら非常に炎症がゆっくり慢性的に進むために急性肝炎のときにみられるようなが起きないため。
    • もう一つの理由は肝臓の細胞は再生能力が高く、炎症で失われた細胞を補ってしまうためです。
    • この補完がパーフェクトならよいのですが、慢性炎症に伴う再生を繰り返していると次第に機能している肝細胞数が減って来て、最終的には肝不全の状態になってしまいます。
    • 最初だけ症状がない分、恐い病気です。

感染源

  • 主な感染源は輸血です。
    • 1990年以前に輸血を受けた事がある方で、疑いのある場合は、明らかに感染率が高いのは事実です。
    • しかし、現在の日赤が供給している輸血用の血液では、その危険性はほとんどないと考えて問題ありません。

検査と治療

  • 血液検査
    • 最近一般企業の検診で採血が実施されています。肝機能検査を検査項目に取り入れている企業もあります。
    • しかし、通常の肝機能検査が基準値以内でも可能性があるのです。
    • C型肝炎に対する抗体を持っている人は既感染者ということになる少し変わったウイルスです。
  • 治療
    • 検査の結果、もし感染しているとわかったとしても、大慌てする必要はありません。
    • 現在は長時間作用するように剤型を調整したC型肝炎インターフェロンが臨床応用できるので、入院しなくても外来通院で治療が可能です。
    • この長時間作用するインターフェロンと抗ウイルス剤のリバビリンの併用が、一定の効果をあげています。

飲酒

  • C型肝炎の人は禁
    • C型肝炎の人が飲酒すると病気の進行が早くなってしまうという事です。これを端から見ていると、飲み過ぎで肝臓を壊したように見えたのです。
    • この病気の判断が医師から言われたら絶対に断酒しなくてはいけません。

肝炎関連商品の通販

■■肝炎関係商品のカタログ■■

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional